« 『HUNTER×HUNTER』第88話の感想 | メイン | 俺は今広島にいる »

2013年07月16日 / 『ダンガンロンパ』第2話の感想

 やはり原作通りって感じの内容でしたね。捜査シーンで証拠品を集める時の演出もゲームそのまんまだったので、次回の学級裁判もゲームっぽい演出になるのかも知れません。文字を文字で撃つのをアニメでやるとどうなるのか…楽しみですね。

 全体的に丁寧に作られており好感が持てるのですが、捜査シーンの巻き方はかなりのものでしたね…(笑)。まあこれは学級裁判で説明すればいいから端折ったのかな。やはり1クールでは足りないという印象です。『ペルソナ4』だって、『シュタゲ』だって2クールだったじゃないか…! ゲームでは舞園さんにかなりのヒロイン臭があって、それであの展開だったのですが、アニメでは表現しきれていない印象。まあ残念。

 しっかし改めて作画のゲーム再現度が半端ではないですね。ゲームの絵がそのまんま動いている感じ。通常、ゲームや漫画がアニメになるとキャラデザに違和感を覚えるものですが、これにはそれが全くない。癖のある絵だと思いますのに見事なものです。

 ◎今週の見所

  ☆Aパート終わりのシンジの絶叫

   →LCLブクブクブクーを連想した人は多い筈。

  ☆グングニルの槍

   →大山のぶ代さんがグングニルの槍と言ってるだけで笑えます。反則だよ。

コメント

2のほうの展開を先に調べてしまいましたw
無印の展開はアニメで観ていくとします。

無印でキチガイなキャラって出ますか?

そういえば今日オフ会でしたっけ。

たくさん写真をとってくださいw

でますねw 確実にw

サシンはまあまあとれました。
平和記念公園がなかなかよかったです。

コメントする