« 『ダンガンロンパ』第4話の感想 | メイン | 憤慨 »

2013年07月29日 / 『HUNTER×HUNTER』第90話の感想

 今週は本気ナックルvsゴン、キルアvsシュート、王が産まれるよー、まででした(大体、33ページくらい消化)。

 ナックルの能力説明をアニメで上手くできるのか? に注目してましたが、よい感じだったと思います。
 にしても、いかにも冨樫らしい能力というか。昔は『「炎殺黒龍波!」→炭』なんて、ざっくりとした戦闘を描いてましたが、月日は流れるものですね…。

 キルアvsシュートはBパート終盤のBGMが格好良かったです。普段、そんなにBGMとか気にしないのですが、ハンタだけはいろんな意味で注目してしまいます。

 ちょっとアレだったのは次回予告ですね。今更ですが、ネタバレが酷いというか。ゴンが負けるってわかっちゃうのはどうかと思うんだ…。

 あとは予告で王がちょっと出ていましたが、思ったよりも配色に違和感を覚えませんでしたね。ジャンプで見た時は「み、みどり…」と思ったのですが、実際に動いているのを見るとそんな悪くはなかったという…。良かった。

 そんなこんなで、また来週。

コメント

もし緑でなかったら何色がよかったですか?w

いまさら、ハンター映画観ました。
最初のほうはつっこんだり、まあ笑い飛ばせ―って感じで観ていましたが、
後半だともう元気がなくなり、「ああ、そう・・・」
って感じになりました・・・。

もしハンターじゃなくオリジナル映画だったら
そんなに悪くはなかったのかな・・・と思いました;
それにしてもパイロが強いのかレオリオ達が弱いのか、
よく分かりませんでした。

キルアvsシュートのBGMは、前にも言われてましたが、キャラソンの
「TELL ME」ですね。vsリールベルト、vsサブの時とか流れてます。
あと、ほいみんさん的に最近の技フォント演出どう思いますか?
最近が特にひどいとかじゃなく、慣れましたか?ってことです。
まあ、技を出すこと自体が最近減ってるんですけど。

☆その辺の人さん

色というか塩梅ですよね。ジャンプで
みたときは緑感がかなり強いと思ったので。
映画は…ノーコメントですw
うん、ダッテミテナイもんw

☆アルルさん

そうそうサブのときに言ってましたね。
聴いていたような気もしていたのですが、
記憶が曖昧でした汗
にしてもお詳しい。
フォントは慣れたのでバンバンやって
欲しいですね。ダブルマシンガンみたいなのは
勘弁ですが、最近のはありかと。

ダブルマシンガンはシリアスシーンを失笑シーンに変えてましたねw
技を表記すること自体は文句は無いのですが…

本編に関してはまずまずの原作再現に徹してたので文句も称賛も無いです

イルミがまた出てきましたね
映画のときも思ったんですけど
試験編のときのチャラいイルミと比べて
明らかにキャラを掴んでると思うのは僕だけでしょうか?
抑揚を抑えめにして不気味な雰囲気がでてたので
選挙編期待してます

初期の頃はメンチの「サトツー」などなどキャラが
おかしかったパターンが多かったですからね…。
蟻編でそういう違和感がないのは◎ですね。

ダブルマシンガンとファンファンクロスはひどかった・・・

「ハコワレ」の日本語表記が「天上不知」なのに「天上天知」になってる…

ポットクリン、声も利息増えて大きくなる時の感じも原作読んで脳内再生されてるのと同じだったので満足です。

シュートとキルアの対決、ヨーヨーのリング破壊してたんですね。
原作では小さくて外した位の認識でしたが、アニメだとキルアの決意と共に分かり易くて良かったです。

TELL ME 私も好きな曲です♪
しかしキルアファンには辛い回でした(涙)

 ☆みをすさん

 あの瞬間にずっこけた記憶がありますw
ファンファンクロスもドラえもんみたいでシーンに
合ってなかったですねえ…。

 ☆mochiさん

 確かに。よく気付きましたねえ。天上天下と
間違えるのならわかるのですが、あの間違え方
をするということは…日本語がわかっていない?w

 ☆ミケさん

 そうそう、あんな感じのイメージでしたよね。

 アニメは相変わらず原作の細かいところを
拾ってますね。そのたびに色々不思議に思うという…。

 TELL MEはダーツ兄弟戦でも使われそうな
感じですね。

 辛い回でしたが、原作知っていると溜めだと
わかるので堪えられますね。連載時はいろいろと
しんどかった記憶あります。

コメントする