« 『ダンガンロンパ』第9話の感想 | メイン | GAP »

2013年09月02日 / 『HUNTER×HUNTER』第94話の感想

 今週はラモット戦→パームホラー→ヂートゥvsモラウ&ナックル開始まででした(大体、30ページくらい消化)。

 ◎ラモット戦の演出が◎

 →デートとラモット戦を交互に見せることで、キルアのゴンを守る気持ちが強く出る演出に仕上がってました。BGMのピアノの使い方がエヴァンゲリオンみたいでしたが、上手い感じになっていたと思います。ただ、覚醒シーンで流れた『REASON』はボーカル入りのが良かったですねー。曲無しVerかよ! って思わず突っ込んでしまいましたもの。

 ◎「は? 何 言ってんの?」

 →原作のが迫力ありました。まあ、原作の“決め絵”をアニメが上回っていたことはありませんので、仕方のないところですね。

 ◎ゴンに罰を与えるパーム。

 →とはいっても、パーム関連のイベントは殆ど良い出来です。パームの狂気さが良い感じに表現できているかと。

 そんなこんなで、また来週。

コメント

パームの、「傷を増やしてあげる」から
ノヴにメロメロするシーンまで
結構笑いっぱなしでしたw
この先のノヴの頭髪を考えるともう・・・w
気の毒ですがね;

ゴンのイケメンぶりはさすがですが、
ほいみんさんはどんなですか?w
負けず劣らず?

 ほいみんさんはイケメンではありませんw

 パームのシーンは力入れているのがわかるくらいの
出来ですよねえ。それともこういうシーンは
作りやすいのか? いろいろ謎ですw

キルアが友達だもんのとこでうるっと来ました(*_*)

リーズンが流れてたのも良かったですね
んで、覚醒後はさらっと殺すっていう!

キルア好きにはたまらない回だったと思います!
ほいみんさんは好きなキャラはクラピカでしたっけ?

ほいみんさんは特別好きなキャラいなさそう。
いるとしたら、地味に頑張っている人とか??
そうするとどうしてもモタリケを思い出してしまうけれどw

イケメンではありませんとかなんとかいって、
本当は・・・ってパターンじゃありませんか。
こんな有名人に似ているとか言われたことは??
 ちなみに、どーでもいい情報ですけど、
自分は小学生のころモナリザに似ていると
言われた・・・
(そもそも有名人としてカウントしてよいものか;)

 ☆崖の上にいる魚さん

 あの辺りは渾身の演技でしたね。かなり
気合いいれて演じられたのではないでしょうか。

 リーズンは曲自体も好きなので、決めのシーンでは
かけてほしいなあと。

 好きなキャラは…難しいですね。結構まんべんなく
好きかも。強いていうならレオリオかな。

 ☆その辺の人さん

 まあ、特別好きなのはいないかも知れない
ですねえ。『幽白』では垂金が好きでしたがw

 イケメンはマジでないですってw こんなサイトを
やっている人間にイケメンはいませんw それは
オフ会とかに参加するとわかります(問題発言)

 有名人はオウムの上祐さんに似ていると
言われたことありますが、基本的には誰も
似てないっすねえ。

 モナリザは…雰囲気かな?w

確かに問題発言です!w

「こんなサイト」って言われると悲しいです、
見ている私たちはどうなるの (´・ω・`)

オウムの人検索しましたけど、
パッとしない、うーんって感じの顔ですね。

ラモット戦、非常に良かったです!
1コマ、1コマ本当に丁寧に描かれていて、かなり満足な出来でした♪

伊瀬さんの演技も良かったですね!
台詞じっくり聞きたかったので、私はリーズンオフverで良かったと思います。
ドッチボールの回でもバックにかかってましたし、キルアの気持ちとリンクして良い感じかなとも。

チョコロボくんのおまけ、シークレットが出るシーンも原作ではちょこっとだったのにオリジナルで入れて貰えて、キルアファンにはたまらない回でした(^^;)

パームの激怒するシーン、今までの迫力と違ってここだけ原作下回った感じでちよっと残念ですかね。
でも充分面白かったので、笑かして貰いました。
この回がこれだけ充分満足な仕上がりにしてもらえたので、後は安心してみれるかなとも思うのですが。
あとはゴンさんのとこですかね。
王とコムギのシーンも気になりますが。
今後の期待は膨らみます!

 ☆その辺の人さん

 自虐的発言ではなく、「こういう感じのサイト」という
意味っす。紛らわしくてごめんネコ。

 ぱっとしない…うん、その通りかとw

☆ミケさん

 リーズンオフは…なるほど、そういう見方も
出来ますね。

 チョコロボ君はなんとなく見ていましたが、
なるほど、そういう細かい配慮があったのですねぇ。

 これからのシーンは…個人的には千手観音の
ところでしょうか。あの迫力をどこまで再現できるか。

 今後といえば、そろそろ映画が気になってきました…。

千手観音!確かに、あのシーンは大変そうですよね。
まずは、旅団vs蟻の、ボノレノフのジュピターの仕上がりでなんとなく判断出来そうな感じでしょうか?
個人的にはカルトの蛇咬の舞やフェイタンがアニメでどう表現されるのか、楽しみなんですが。

映画は…うーん、予告編見ましたが。
映像は綺麗そうでしたね~。
1よりは良い出来なのを願うばかりです。

 千手観音は想像力をかきたてるような描写なので、
あれをいくらアニメで表現しても、満足できることは
ないのだろうなあと。何処まで近づけるか。

 旅団パートは技沢山で楽しみですねえ。

 映画は…1よりはさすがに良いかと思ってます。

コメントする