« 25年9月2週目の結果 | メイン | 『HUNTER×HUNTER』第96話の感想 »

2013年09月15日 / 『ダンガンロンパ』第11話の感想

 この辺りから盛り上がって楽しくなるな、と思ってましたので、その通りになって良かったです。ゲームをやっていた頃は「学園にいるの16人の高校生だけなの? 遺体処理部隊とか配備されてないのー?」とか、「モノクマが基本ルール破るなんて興ざめ…」とか思ってましたが、この作品はそんな細けーことはどうでもいいんですよ(笑)。そういうのが許される作品なんです。というか、許さないと楽しめない。

 もう来週で最終回なんじゃないか、みたいなテンションで面白かったです。ここままの勢いで最後まで突き抜けて欲しいですね。

 ◎今週の見所

  ☆腐川のギャグパート

   →原作よりもギャグキャラっぷりが増してますね。ゲームよりも優遇されている気がします。

  ☆鉄パイプ

   →(笑)

  ☆テレビで生中継

   →誰がテロップ入れてるんでしょうねえ…。

  ☆キャラチェンジするモノクマ

   →こういう引き出しの出し方が上手いんだクマ。

コメント

主人公が可哀想な回でした・・・
最後のどんでん返しで投票されるなんて。

ところで、外の世界の人たちって
本当にこの中継観てるんですかね。
外の人間が出てこないもんで・・・。

あと、食べ物とかはどうやって支給・・・
いや、ゲームにここまでツっこむのは
ヤボですかね 笑

 あれは主人公じゃなかったら終わってましたね。
さすが超高校級の幸運。

 外の人間は見ていると思います。ゲームでも
外の人間は出てこなかったですが、そういう
雰囲気は出ていたかな~と。

 食べ物は自動補給されてましたね。詳しい
ことは描かれてません。そういう部分で、
かなり大がかりな工作部隊がいるのだと
ばかり思っていたわけですが…。

幸運なのに、ごみ捨て場に落とされてしまうという。

ほいみんさん自身は幸運なほうだと思いますか。

 考え方にもよると思うのですが、日本人として
産まれただけでも勝ち組かな~っと。

コメントする