« 最近 | メイン | 25年9月4週目の結果 »

2013年09月28日 / 納得がいかないこと

 ジーパンのことをデニムと言ったり、チョッキのことをベストと言ったりジレと言ったり、オーバーオールのことをサロペットと言うことは我慢できるのですよ。

 だがしかーし! セカンドバッグのことをクラッチバッグと言うのだけは理解できない。石田純一スタイルが流行っているのと同じくらい理解できない。

 いやね。20年くらい前にセカンドバッグを愛用していたことがあったんですよ。その時にですね、親父臭いと言われてそれをやめた経緯があったんです。そうか、セカンドバッグは親父臭いのか…と。

 それがですよ。クラッチバッグとして帰ってきたと言われても、あの時の親父臭いイメージは残ったままというか。今更おしゃれと言われても莫迦にされているとしか思えないわけで。

 20年経って、名前を変えたからといってロンダリングされていると思うなよ? という話。

コメント

セカンドバッグ=集金のおじさん みたいなイメージがありましたからね。

そういえば数年前にちょこっとだけ、オシャレな柄のふんどしが売り出されていて、流行の兆しみたいなニュースがあったような記憶が。

時代が変われば、なんでもおしゃれになるんでしょうかね。

 ああ、集金の人もセカンドバッグ使ってましたね。
今は何を使っているのだろう…と思ったら、
そもそも集金システムそのものがほぼなくなって
いたという…。

 またルーズソックスが流行る時代がくるのか。

コメントする