« むーちゃん成長日記79(自分でもぐったんですよ) | メイン | バス »

2013年10月16日 / 『HUNTER×HUNTER』第100話の感想

 今週はヂートゥを待ち伏せするナックルとシュート、奔走するキルア、ゴンの前に現れるメレオロン、樹上バトル、イカルゴの「タコってゆうなー!!」まででした(大体、49ページくらい消化)。

 ハギャからレオルに名前変わったよアピール。『ドラゴンボール』のソバを思い出すのは私だけでしょうか。あとアニメでは最初からメレオロンと名乗っていたと思うのですが、ジェイル…じゃねえメレオロンだ、のセリフは残ってましたね。

 原作ではオロソ兄弟の後にメレオロンでしたが、イベントが前倒し。一話におけるゴンの出番の調整でしょうか。

 お話全体としてはアクションたっぷりで面白かったですね。原作では黒消しが多くてグロい印象でしたが、アニメでは正統派な高速アクションになってました。基本的な内容はそのままだったですが、絵が綺麗になるだけで雰囲気が変わってきますねえ。

 ただ、アニメ観た後に原作を読み返してみたら原作のが全然凄かったという…。あのゴミムシ(←フンコロガシだと思ってました)集団やイカルゴとのバトルの出来は半端じゃなかったですね。いくらなんでも渾身すぎる。あれをテレビアニメで完璧に再現するのは無理だったんだろうなあと思います。集中線と止め絵を使ったスピード感、迫力が週刊クオリティを完全に逸してましたもの。

 あと凄かったのが堀内賢雄さん(コアラもやってる人)の声芸ですね。イカルゴが宿ってた人とイカルゴは別の人が演じているのかと思ってましたが、まさかの同一人物。お陰でスナイパーの存在感が必要以上に増しちゃったような気もするのですが、まあそれはそれで。

 細かいところで「やるね…」が「やるな」に変わっていたのは、前者だと戸愚呂弟のモノマネっぽくなってしまうからだと思ったのですが、如何でしょうか?

コメント

ついに100話ですかー。映画化したり、蟻編いったり、深夜に行ったり、
激動の2年でしたね。OPは相変わらず同じままですがw
このペースだと、来年の4月に終わるのは無理そうですし、
3年ぴったりやって選挙編とアルカ編終わらしてほしいです。
本当はずっとやってほしいですが、原作のストックが・・・なのでw
ぜひテレビでパリストンとレオリオの活躍が見たいです(*^_^*)

ed変わってからイントロを本編にかぶせる形式に戻りましたね

ああいう演出も好きですが、毎回じゃなくてたまにやってくれる方がいい気もします

ソバって・・・たしか、犬のシュウ?でしたっけ。
よく覚えてますねw

スナイパーさんは機嫌よく鼻歌を歌っていたのが
笑えました。

蟻編ではキルアの戦い、印象深いのが多いです。
ゴン対コウモリたちは地味なイメージなんですけどね。

☆アルルさん

 ここまでやってくれたのだから信じてます。
尺は3年ぴったりではなく、3クールくらいかなあと
思ってます。最近は1話50ページペースですし、
3年は持たないかなあと。

 パリストンとレオリオは本当みたいですね。

☆ななしさん

 そういわれてみれば。

 あと基本フォーマットに忠実ですが、
たまには特殊EDとかも欲しいですね。

☆その辺の人さん

 当時はお金がなかったので『ドラゴンボール』の
コミックスとか紙がすり切れるくらい読んで
ました。おまけページの方も何回も読んでいたので
「ソバ→シュウ」の変更は頭に残ってますね。

 キルア戦は同じ印象です。

今週も良かったですね^_^

でも原作のキルアの連戦に比べるとやっぱり劣ってる感はありましたね(*_*)

屁かましやがった!
が原作同様面白かったです 笑

今週関係ないんですが
EDの表裏一体ってどう思いますか?

自分的にはサビいいなーと思って気に入ってるんですが( ´ ▽ ` )ノ

 アニメ面白いなーと思って、原作を読み返してみたら
原作のが凄かったという…。

 『表裏一体』も良い曲だと思いますが、
個人的には『REASON』の方が好きかも知れません。アニメのEDって感じで。

コメントする