« むーちゃん成長日記88 | メイン | 25年11月4週目の結果 »

2013年11月30日 / 『リーガル・ハイ』も『リーガルハイ』も面白い

 三谷幸喜さんはこのドラマを見て強烈な嫉妬心を抱いていると思う。絶対に。確実に。

コメント

逆に古沢さんの方が三谷さんの「12人の優しい日本人」に嫉妬してリーガル書いた可能性も微レ存です。

 あー、その辺りは観ていないんですよねえ。
やはり『振り向けば奴がいる』『古畑任三郎』
『王様のレストラン』辺りがドンピシャというか。

 『リーガルハイ』は昔の三谷みたいなジェットコースター感あります。
今の三谷さんは設定王なイメージなので。

三谷さんの舞台を未視聴であれば是非お勧めですよ。
「12人の優しい日本人」は裁判員裁判の話で、いわいるどんでん返し返しが楽しめる作品です。

自分の一押しは舞台版「笑の大学」です。すべての映像作品の中で一番好きな作品て言っちゃうぐらい好きです。


最近の三谷さんの作品は自分もいまいちピンとこないのです。
「何かを作ろうとするところに横槍がどんどん入り、それが何故かもっといいものへと昇華してしまう」
というあの感覚が薄い気がするのです。
って私はこんなに長々となに書いとんじゃああ。あああああすいませんでした!!
つい!ああもう、つい!

 舞台も観たことないんですよねえ。『笑いの大学』は
映画版は観ました。やはり舞台版の方が
お勧めな感じなのでしょうか。

 最近の三谷さんは…こちらが求めているものとは
違うところに力を入れている感じですね。

 長文はウェルカムです。

コメントする