« 25年11月4週目の結果 | メイン | 『岸辺露伴は動かない』を読みました »

2013年12月02日 / 個人的テレビアワード2013

 昨年に引き続き。「今年はこのテレビ番組が面白かった」ということを書くだけの年末丸乗り企画です。昨年の記事はこちらこちら。

 ☆個人的テレビアワード2013:『半沢直樹』

 →これまでこの企画ではバラエティばかり取り上げてきましたが、今年はこの番組しかなかったです。最近はドラマって殆ど観なくなったのですが、この作品は本当に面白かった。集中力を休められるからCMが苦にならない、とかなかなか体験できないですよ。面白さについては、様々な人が語っているので割愛しますが、個人的に一つだけ。

 この作品の真骨頂というのは、銀行員をスーパーヒーローにしたことだと思うのですよ。刑事ドラマで「困ったら警察に頼れ」と言うように、学園ドラマで「困ったら先生に何でも言うんだぞ」と言うように、「困ったら銀行に頼れ」を成立させたのが大きい。

 続編はドラマでも映画でも確実に観ます。

 ☆次点:『ロンドンハーツ 田村淳39歳・ウラで結婚してました!緊急生放送SP!』

 →これは個人的テレビアワードの中でもさらに私的です(笑)。日頃から『ロンハー』を見ていて、田村淳さんというキャラをある程度掴んでいることが前提。チャンネルを廻して冒頭から「結婚しました」のインパクトはなかなかのものでした。3時間SPの生放送ということで、何かやるのでは? とは思っていたのですが、まさか結婚とは…。まんまと思惑に嵌った形です。

 ☆さらに次点:『ワイドナショー』

 →松っちゃんのワイドショー、ということでかなり身を削っているのが面白いです。最初の頃に比べると口数は少なくなりましたが、それでも頑張っているなあと。これって観ている方は面白いのですが、松っちゃんにとってプラスになることは殆どないと思うのですよね。マイナスな発言で心証悪くなることはあっても、プラスで良くなることはないですから。恐らく、その辺も理解してのことだと思いますので、本当に素晴らしいです。

 ☆さらに次点:『有吉反省会』

 →有吉先生がここまでブレイクすると思った人は誰もいなかった筈で、「毎日番組で観ない日はない」どころか「毎日冠番組がある」レベルになってしまいました。そんな中で面白いと思うのがこの番組ですね。ネタの種類が他番組ではみない感じなので新鮮です。で、そのネタのエグさというか、汚れっぷりが有吉先生のテイストにマッチしていて絶妙なバランスになっているなあと。

 ☆さらに次点:『GIRIGIRIくりぃむ企画工場』

 →『ソフトくりぃむ』から始まって『GORIGORIくりぃむ』『GARIGARIくりぃむ』とみんな詰まらなかったのですが(笑)、『GURIGURIくりぃむ』とこの番組は面白いです。毎週実験的な企画をやるということは変わっていないのですが、なんか良くなりました。『ソフト~』で切ってしまった人も、また見てみると楽しめるかも知れません。

 以上です。『内村とザワつく夜』『有田のヤラシイハナシ』『有田とやらしい人々』辺りも面白かったです。『くりぃむナントカ』もやってくれましたね。『検索ちゃん』も週末にあるようなので楽しみ。

 ◎総括

 →今年はドラマが強かったですね。バラエティは全体的にパンチ不足と思いました。悪い風に言えば同じ事の繰り返しというか。トーク中心バラエティにマンネリを覚えていることは確かです。予算不足とBPOの問題で突き抜けた企画が通らないのかも知れませんが、ある程度の縛りの中で生み出される面白いものというのもあると思うのですよね。そういうところに期待しつつ2014年もウォッチし続けたいです。

コメントする