« 『あの人は今』 | メイン | ブリトーの限定の奴を食べました »

2014年01月16日 / 『HUNTER×HUNTER』第112話の感想

 今週はユピーと対峙するメンバーから、感謝するシュート、ハコワレを喰らわせるナックル、傷ついたコムギを抱く王、王を怪物と認識するゼノとネテロまででした(大体、52ページくらい消化)。

 この辺りからアドレナリン垂れ流しで、スローモーションになる描写が続くわけですが、アニメではどうするのかな~と思っていたら、ほぼ漫画再現でしたね。たった数秒の間に、それぞれが膨大な量の逡巡をすることで、戦闘内容の濃密さと凄まじいまでの緊張感を表現しているという。

 ただ、アニメだとコマ送りにも見えてしまうのがツライところ。おまえら、いつまでゆっくり動いてるんだ、みたいな(笑)。

 ◎これはドラゴンダイブ!!?

 →“じいちゃんの”のセリフがカットされたことでかなり違和感ありました。まあ、アニメだと会長(ジジイ)の表記ができないから仕方がないのですが。

 そんなこんなで、また来週。

コメント

ユピーの変身シーンは動いてましたね結構

 あそこは原作でも動いている感じだったので
再現しているなーと思いました。

今回はいろんな人の顔芸を見れた気が・・・w
ユピーのは顔じゃなくて目玉の塊でしたけど。

全体的に静止画が増えた分
局所的に力が入っていたので良かったです
プフが王の下へ急ぐシーンとか
ユピーの変形とか
ピトーのぶっ飛びとか

☆その辺の人さん

 たしかにw 登場キャラクターは多いものの
しゃべる人が少ないというなんとも不思議な感じの
回でした。ゴンとか「ーッ!!」みたいなセリフ
だけでしたしw

☆アカギさん

 深夜のマッドクオリティになってきましたよねえ。
あとは1ヶ月かけて作った百式観音をどう
動かすのか楽しみです。

じっちゃんのー!台詞、聞きたかったです(T_T)楽しみにしてたのに~。でもそうですよね、漢字のルビまでアニメは表現出来ないですもんね。ああ残念(-_-;)

 「そこは声優さんが演技でカバーしてくれる筈!」
 ということで原作のままやって欲しかった気もしますねぇ。

コメントする