« 平成11年の1月22日にこのサイトは始まりました2 | メイン | セブンのカステラ »

2014年01月22日 / 『HUNTER×HUNTER』第113話の感想

 今週は負傷するシュート、2匹の蟻を倒すキルア、貸しだぞのイカルゴ、護衛軍失格のプフ、ピトーはあっちだよ、のネテロまででした(大体、45ページくらい消化)。

 今回も面白かったですねえ。息継ぐ間もないというか、30分あっという間でした。相変わらず、原作を忘れているので初見のように見られます。今回ので25巻まで終了。あと2クールくらいは楽しめる感じでしょうか。

 ◎百目みたいなユピー

 →思ったよりもキモかったですね(笑)。ただ、逃げるモラウを視線で追うときの(百目からノーマルにチェンジする)動きとかは迫力あって良かったです。

 ◎兵隊蟻を瞬殺するキルア

 →高速回転するヨーヨーが炸裂し破裂。迷っていない感が出ていて良かったです。

 ◎頭のキレるウェルフィン

 →26巻のパートでしたが、前倒しで登場しましたね。なぜでしょう? キャラを印象づける為かな?

 ◎護衛軍失格!

 →(笑)。それだけのこと、が口癖だったことにようやく気付きました。この辺りの一連の芸は面白かったですね。バイオリンの使い方がなかなか秀逸だと思いました。

 あと最近は「スピリチュアルメッセージ」とか普通に技名を言わせますね。ダブルマシンガンの頃は言わせてなかったですが。この辺り、新ハンタが旧ハンタに引きずられていた部分ですよねえ。

 ◎違和感のあるスタッフロール

 →ここ数週そうなのですが、お話しには出てくるもののセリフなしというキャラが多いので、スタッフロールにもの凄い違和感を覚えます。王とかネテロとか喋ってなかったのかー、みたいな。

 そんなこんなで、また来週。

コメント

原作未読だったら、多分プフのパートで
ドン引きしたと思います・・・w
なんだこの変態と。
ユピーの目も前回以上にキモかったですw

最後のゴンはいいですね、迫力ありました。
ゴンさんが楽しみだなあ・・・。

あと2クールくらいというと…6~7月位に番組終了?
深夜枠ならいつどこで終わってもおかしくないかも知れませんが…

それはそうと、今回でアニメ版幽遊白書全112話の話数超えですか!
ハンタは幽白より遥かに長大な物語なので、
蟻編決定時点でいずれは達成すると分かっていましたが、感慨深いですね…

イカルゴのすれ違う時のキルアの表情が原作より丁寧に描かれてて嬉しかったですね。「貸し」だぞ!のイカルゴの堀内さんの台詞の言い方がすごく良かったです。
渋い~!

☆その辺の人さん

 来週辺りから完全に主役がキルアに
交代になりますねw プフのパートは良い具合
でしたね。

 ユピーの目はかなりキモくて「原作でも
こんなんだったっけ?」と見返してみたら
そうでもなかったですね。

☆ななしさん

 その辺りで終了とみるのが自然ですが、
選挙編で2話消化のペースに落ちれば
もうちょい続く感じかなあと。

 幽白超えはなるほど、確かに感慨深いです。
暗黒武術界にいくメンバーが違ったり、
左京に桑原の姉が恋していたり、当時ならでばの
オリジナルが多かったですよね。なつかしい。

☆ミケさん

 イカルゴは声優さんでキャラ立ちが増してますよね。
あんな冗談みたいなキャラデザなのに渋く描く
アニメーターさんにプロ根性を感じました。

映画みましたか?

映画みましたか?

 観ました。原画に統一感がないのとセリフに
面白さがない点以外は良かったと思います。
まあ、この2点がダメって時点でアレなのですが。

ネテロ役の永井一郎さんがお亡くなりになったそうです、これからが本番なのですが無念です。ご冥福お祈申し上げます。

ネテロの代役はだれになるんでしょうか?

 ブログ記事のラスト画像が沁みます…。
本当残念でした。

コメントする