« 買いました | メイン | 部屋で暖房を炊いたことがない »

2014年02月05日 / 『HUNTER×HUNTER』第115話の感想

 今週はフラッタに疑念を持つウェルフィンとプロヴーダ、パームを絶対に救うと誓うイカルゴ、エレベータの説明、色々考えるウェルフィン、ゼノと会話するキルア、ナックルvsユピー、気絶しまいとするシュート、号泣するメレオロン、ミサイルマンが不発なウェルフィン、ピトーを見つけるゴンキルまででした(大体、32ページくらい消化)。

 アニメは原作と違って出来るだけ時系列に沿って展開しようとしているので、消化ページの把握がムズいですね。ミサイルマンのシーンとか、原作ではもうちょい後ですし。が、この方がわかりやすいのでグッジョブだと思いました。

 ◎頭が切れすぎるウェルフィン

 →そこまで頭が切れるなら、漂う腐臭から(既にフラッタは死んでいる!? 死体を操る能力か!)くらいの推理はして欲しかった気もする(無茶云うな)。

 ◎ゼノの声がヨレヨレ

 →ちょっと老いぼれ過ぎるかな、と思いました。

 ◎オレはゴン=フリークス!!! の叫びで引かない

 →クレジットに藩さんの名前がありましたが、ゴンのセリフありましたっけ?

 ◎次回予告が最終回みたい

 →シュウフク×ト×フクシュウというタイトルは上手いと思いました。

 そんなこんなで、また来週。

コメント

ミサイルマン、原作より格好良かったですね!良い感じに描かれていてこれからも楽しみです。来週いよいよなのかと思うと、胸がしめつけられます(T_T)
エンドカードのネテロ会長も良かったですね。永井さんの声で最後まで聞きたかった…

 ゴンフリークスだ! を藩さんがどう演じるかですねー。
この2年近くで培ってきたものが試されるときだと
思うので楽しみですねー。

 永井さんは本当残念でした。

コメントする