« テレ東伝説 | メイン | むーちゃん成長日記100 »

2014年03月06日 / 『HUNTER×HUNTER』第119話の感想

 今週はユピーに疾風迅雷を炸裂させるキルア、消えたシュート、ブロヴーダvsイカルゴ、迷うモラウまででした(大体、47ページくらい消化)。

 キメラアント編をアニメ化するにあたって、様々な問題点が出てきたと思いますが、今回もその一つだった筈です。なぜなら、主な登場人物がタコとエビ。当時、本誌を読みながら「もしアニメになったら、この回どうするんだろう?」と思っていた記憶があります。とにかくシュール。いいのか、これで…と。

 結果は…もうそのまんまやってましたね。キルアパートとモラウパートで挟むことで、なんとか1話のバランスを保ったという印象。どうせ深夜に移動したのだから、ブロヴーダvsイカルゴのみで1話をやって欲しかった気もしますが(笑)、それはさすがに回避したのでしょう。

 ◎オペレータの声が藩めぐみさん

 →ねじ込んできますねー。

 そんなこんなで、また来週。

コメント

来週はプフの「いただきぃ」や「うお、ここはすげぇ」みたいなセリフが楽しみですね。
原作ではいきなり口調が変わったんでびびりましたが

カンムルの作画普通に良かったと思います!!

原作で戦闘が短かったのでしょうがないんですが、
Aパート丸々やってほしかった感じがします

とりあえず動く神速が見れたので満足です♬

タコとエビのスクショがないのもまた辛辣ですねw
エンドカードのタコとメレが久しぶりに良かったです。

☆ななしさん

 プフの声優さんはなかなかの演技派だと
思いますのでその辺りや上手くやってくれると
思ってます。

☆ななしさん

 この辺りから「描きためてから掲載する」スタイルに
なりましたので、原稿のクオリティが凄いですよね。
アニメもそれに応えてるなあと思います。

☆mochiさん

 それもまた一興ということでw

 エンドカードは私も「おっ」と思いました。

タコとザリガニ、絵がかわいかったですねw

・・・あれ、ここではエビって認識されているのか。
ネットで検索してみたところ、
エビ・ザリガニ両名使われています・・・

ああ、確かにザリガニの方がしっくりきます。

絵はアニメーターさん大変だったろうなと。
「このフォルムのキャラをどう動かせばいいんだ…」
と苦悩しまくりだったのではないかと。

最近はアニメキルアが原作のキルアに似てることがちょくちょくあるきがします。

アニメ初期の頃は原作初期のタッチでしたが、
今は今のタッチになっているというか。
再現しているのだとしたら凄いですね。

ゴンとキルアのキャラデザは
ヨークシン→GIで変えてると公式が言ってたので
蟻でもさらに変えてるんでしょうね

ああ、確かにそんな発表があったかも。
今1話とか見るともの凄い違和感ですw

コメントする