« ダメなものは何をやってもダメ | メイン | 大人になりたい »

2014年04月16日 / 『HUNTER×HUNTER』第125話の感想

 今週はプフに勝負を挑むナックル、離脱するプフ、覚悟を決めたピトー、九十九の掌、「感謝するぜ お前と出会えた これまでの 全てに!!!」まででした(大体、37ページくらい消化)。

 いつからだ……? 原稿を落としても平気になったのは。

 一体…いつからだ? 担当者が跪いて原稿を取りに来るのを間を置かずに応えられる様になったのは。

 そんなんじゃねェだろ!! オレが求めた漫画の極みは!!!

 前から思っていたのですが、アバンが前回のあらすじでアバンのみの登場だった場合、クレジットに名前が出てこないのに違和感覚えますね。キルアちょっと喋っていたじゃん、みたいな。

 で、今回の感想なのですが見事でしたね。作画的にも演出的にも迫力的にも良かったと思います。巨大な観音様がオラオララッシュするとか、アニメーター泣かせにも程があると思うのですが、良く頑張って形にしたなあと。思えば、ハンターの再アニメ化が決定した時はこの辺りのシーンが見られるのかも? とワクワクしていたので、それが目の当たりに出来て感無量なのであります。

 ◎相変わらずゴンが怖い

 →これまでは荒いタッチの絵も綺麗にしてましたが、縦線のゴンはそのまま再現されていましたね。いつキレるかわからないほど怖いものはないです。

 ◎ピトーがゴンを驚異と感じた流れが上手すぎる

 →「王は南」の下りです。ゴンは最初から知っていただけだが、ピトーは場の流れから察したんだと勘違い。こういう思考描写の上手さって何なんでしょうね。

 そんなこんなで、また来週。

コメント

今までの回で一番興奮しました
前半に静的な心理戦中心の展開してから
後半に一気にボルテージ上げましたね

百式観音はCGを使っていたと思うんですけど
やっぱりテレビ版でも映画のときみたいな迫力ありましたね
九十九の手のラッシュ、平手打ちも
静止画の原作よりアニメの方が素直に良い

攻撃を喰らう王の表情、ぶっ飛ばされ具合に
妙に力を入れていて
2年と半年も続いてるアニメなのに
そんじょそこらの深夜アニメよりクオリティ高いと思いました

王がぶっとぶシーンの作画がすごいですね

あと新しいBGMがくるとテンション上がります

今週の作画がヌルヌル動いてて感動しましたww
つくもの手のラッシュは見てて気持ちよかったですね 笑
声が波平から今の人になった時は少し違和感あったのですが声がもう似合いすぎる笑

あのプリキュアみたいな構え見れたので満足ですw

☆アカギさん

 そうなんですよ。どういう制作スケジュールか
謎なくらいな感じで。進行遅くなったのは好評で
延長かかったからだと思いたいです。

 確かに吹っ飛ばされ具合良かったですね。
原作ではそんなに吹っ飛ばされた感なかったのですが、
アニメでは派手になっていてビックリしました。

 百式はCGですか。近頃のアニメ制作は
すんごいことになってますね。どうやって
採算合わせているんだろうと思うことしかりです。

☆ななしさん

 聞き覚えにないなあと思っていたら新規でしたか。
ベタな感じですが、ああいう曲ってやはり良いですよね。合うものは合うというか。

☆崖の上の魚さん

 今回の万丈さんは「そんなんじゃねえだろ!!!」
がお気に入りです。

 九十九ラッシュはまさしくイメージ通りというか。
よくやったなあという感じです。

 プリキュアで終わったのは普通だったら
笑ってしまうと思うのですが、雰囲気良かったので
普通に見れました。

ゴンさん怖すぎww
そしてなんていうか、いまさらですが
プフは残念なイケメンだなあと思いました。

ふと疑問に思ったんですけど、
ネテロさん、武術のみであんなにも強かったので
王以外と百式使う機会なんてあったのでしょうか・・・?

あれはあえてブサイクにしているんですかね?w

百式は…人間相手にはなかったでしょうねえ。
魔獣とかいる世界なのでミケみたいな生物に
対してならあったのかも知れません。

ほいみんさん!!
連載再開決定したらしいですね!!

 間違いなさげですね! 楽しみです!!

コメントする