« 『弱虫ペダル』 | メイン | だから何? »

2014年07月02日 / 『HUNTER×HUNTER』第136話の感想

 今週はウェルフィン、ビゼフ、ヒナ、ブロヴーダ、レイナのエピローグ、キルアの「謝らせっからな!!!!」、カイトちゃん登場、ネテロの遺言、一二支ん登場まででした(大体、33ページくらい消化)。

 蟻編終わったー。なんだかんだで終わってみれば、第一話以外は良かったかなーと思います。初期の「カイトとゴンを会わせたのはジンの考えがあるんだ!」byキルアはもう忘れました。てゆーか、この後の選挙編でその伏線を回収したら本当凄いです。

 ◎死亡した人民47万…の部分はカット。

 →カットか否かの境目がイマイチわかりませんでしたねえ…。や、別に文句とかではなく、「これはカットだけど、あれは平気なのか」みたいな関心はありました。

 ◎BGM。

 →ウエスタン風の曲とか、ハンターマーチのアレンジとかは、初期の頃かかっていたヤツでしたっけ? あの頃、BGMは総叩きだった気がするのですが、これはこれで合っているのを見ると、選曲次第なのだなあと思いました。

 ◎一二支んが協会ビルを見上げているシーンに迫力がない。

 →原作の構図が好きでしたのに…。エロゲの立ち絵が並んでいるみたいでショックでした…。ただ、ジンのアップで引いたのは良かったです。原作の「ジンいるけど気付かなかった!」をまたアニメでやられても…と思ってたので。

 ◎カイトちゃん。

 →ずっこけました。にしても佐武宇綺さんは『開運音楽堂』卒業から結構プッシュされている感じがしますね。頑張って欲しいです。

 そんなこんなで、また来週。

コメント

最近涙腺が弱くなってきました、なんでだろう。。。

BGMは懐かしかったです、
でも音って意図的に覚えているわけではないのに
なぜ覚えられるんでしょうね。

カイトちゃんは成長しても同じ声なのかな。

そしてエロゲってw
エロゲやったことないから分からなくてよかったw

妻がまともにハンター見始めたのがGI編からなのでこっから知らない人だらけになっちゃいますww
次回予告のヒソカ見て
「あ、ドッジボールうまい人だっ」
っていってました。

レオリオとか、知らないんだろうなぁ・・・

ドッジボールうまい人ってw
反応が可愛いなあ。
ドッジ達人は初期の方が狂気なイメージです。

☆その辺の人さん

 心地よい旋律みたいなものがあって、
無意識下に記憶しているんですかねえ。

 カイトちゃんはずっと同じでしょうね。
佐武さんの試金石になりそう。

 エロゲはマジであんな感じっすね。
スタッフに体力が残って無くてあんな感じに
なったのかも知れません。

 涙腺は私も感じます。懐かしいものに弱いです。

☆AN-Dさん

 その表現はとても視線ですねw>ドッジボールの人

 GI編から見始めるとは良いところから観ましたねえ…。

 ここからレオリオを知るとどういう反応になるか
興味ありますね。

こんにちは。つい最近このサイトを読むようになってデスノコラが面白く一気読みしてしまいました。復活を希望するのもそこそこにお聞きしたいことがあるのですが、ほいみんさんは大昔に「WWA」というツールを使ってゲームを作ったりしていましたか?

 ありがとうございます。こんばんは。

 WWAは使ってないですねえ。1999年頃なら
何かはしてました。

ありがとうございます、全く記憶違いだったようです。
ほいみんさんの過去の活動を是非見てみたいです。
少なくとも2004年サルベージのきみはじつにかばだなgifは絶対に見て、朧げながら起こされる記憶がありました。

 昔はアーカイブあったのですが、様々な事情で
消えてしまいました。また、時間あったら再アップを
検討してみます。

アニメ序盤はキャラデザがやや原作とっ変わっているキャラもいましたが、予告にでてきたパリストンはほとんど原作のまんまでしたね。

 基本的に原作通りのキャラデザでアニメしようという
コンセプトが見えますよね。

コメントする