« 車屋 | メイン | JBS風に »

2014年08月05日 / 結局南極

 夏アニメはいまのところ『残響のテロル』が一番好きかも知れない、なのですが、中澤一登さんと言えば『プレゼントプレイ』の印象が結構強かったりします。当時、エロゲに関わった方で出世された人とそうではない人との差って何なんでしょうね。

コメント

私にとっての中澤一登は『天地無用』ですね。あとナイトウォッチシリーズっていう好きな小説の挿絵やってました。いや懐かしい。


テロルは「プルトニウム強奪犯と俺たちを結びつけてるっ!」が面白かったです。
わざと気づかせる為にあんだけ意味深な同じ記号残したんだろうに、なぜかちょっと驚いているというww

 どこかで聞いたことあるような…と思ったら
ストライクウィッチーズでした。…全然違う。

 テロルはそういうライブ感というか、
その場その場が盛り上がるような感じで
作っているのが好きですね。

コメントする