« 『HUNTER×HUNTER』第142話の感想 | メイン | 伊香保温泉に行きました »

2014年08月14日 / 『街~運命の交差点~特別篇』をクリアしました

 SS版やって、PS版を2回プレイしたので、今回が4回目の通しプレイです。

 実写ゲームの可能性を追求し、それが「ない」ことを証明してしまった、という皮肉すぎる作品ですね。

 ここまで作りこんであるのにも関わらず、セールス的にはアレだった、というのは当時はまるで理解できませんでしたが、今見るとわかるというか。一部の人にとっては100点満点のゲームでも、多くの人には30点だったということなんだろうなと。プレイ開始から1分でバッドエンドとか間口を狭めるのにも程があります。だが、いい人にはイイ(・∀・)

 また新しいハードで高解像度版とか出たら買うんだろうなあと思います。

コメントする