« クレカ | メイン | 貴方が私にくれたもの キリンの食べ残したピラフ »

2014年08月30日 / 救急車を呼ぶ

 近所の親戚のおばさんの調子が悪いということで救急車を呼びました。近隣住民がみんな出てきて「何事か」と見物する中、タンカーで運ばれていったのですが、その姿を見て↓を連想してしまいました。

 だって、そっくりだったんですもの。

コメント

救急車って目立ちますもんね。
私も小学生の時一回乗った覚えがありますが、
ただ頭痛がひどく、寝ていただけなのに
家族は大げさだなあと思いました。
あとで聞いた話だと、うめき声をあげていたそうですけど。
幸い夜だったので野次はそんなにいなかったような。

 あれだけ目立つのにタクシー代わりに
利用する人がいるというのだから驚きです。

 まあ小学生だったら気にするかも。親の年齢になると
いろいろわかることもあるとでもいうか。…我ながらオッサンくさい。

救急車がらみで驚いたことと言えば、「右に曲がります」とアナウンスしながら左に曲がっていくのを見たことぐらいですかね。

それは危険っすねー。
私はいつもモーゼの滝を連想しますw

コメントする