« 概ね | メイン | 10月ですね »

2014年10月01日 / 『HUNTER×HUNTER』第1話の感想

 感想を書き始めたのが第3話からだったので、1話と2話を補完しておこうという企画です。

 そもそもなぜにこの企画が始まったのかと言うと、1話と2話を見て「こりゃ感想を書く人少なそうだな…」と思ったからです(笑)。原作ファン向けの内容とは言い難く、これは注目されないだろうなあと。だので、少しでも応援することができれば…と思い始めた次第です。

 今から考えると、朝枠、原作を1からアニメ化、この二つの条件だけでも、新規のお子さまファンの獲得は必須事項だった筈。彼らにハンターハンターソーセージや、ハンターハンター目薬を買って貰わないと商売が成り立ちませんもの。朝枠で深夜アニメのような円盤ビジネスを考えていたとは思えませんから。

 そういうわけで、お子さま向けの内容にして新規ファンを獲得する。こういう流れになったのは仕方のないことであります。

 だがしかし、出来上がったのはお子さま向けのアニメではなく、単なる子供騙しでしたーと。

 辛辣な言い方ですが、本物って大人が観ても楽しめる筈なんですよ。

 その本物さが感じられなかったのが──とても残念(相馬光子風に)。

 あと気になったのは、予算が現場までキチンと下りているのか? という点ですよね(笑)。多分、そこいらの深夜アニメよりも1話辺りの予算は多いと想像されるのですが、クオリティ的には?と。深夜になってからの方がアップしていたのが不思議。これが中抜きってヤツか? と本気で疑いましたよ。

 ◎今見ると信じられないくらい、原作を弄ってる。

 →大筋のシナリオは同じなのですが、細かいセリフがかなり違うという…。いろいろ考えての脚本だったことが伺えます。が、ファンにとってみれば上手い改変ではない限り「そのままやってくれ」にしかならないという…。

 ◎カイトカット。コンカット。

 →多分、1話でクラピカとレオリオを出したいからカットしたのだと思いますが、これが最後の方まで脚を引っ張ることになりましたねえ。

 ◎ゴンの声に違和感を覚えず。

 →改めて1話のゴンの声を聞いたのですが、それほど違和感を覚えませんでした。当初は下手だと思っていたのですが…慣れさせられた!?

 ◎二又さんはここから出ていた。

 →ハンター志望の人の一人でしたね。当時は全然気にしてませんでした。

 ◎ハンターマーチ全開。

 →蟻編では考えられないくらい、ハンターマーチ全開でしたね(笑)。

 そんなこんなで、また来週。

コメント

そういえばここらへんのエピソードをアニメ化するの3回目ですよね。
最初に出たOVA結構好きでした。
かなりオリジナルでしたが90年代ジャンプアニメらしさが出てて私は好きでした。

松本梨里さんのゴンが完全にサトシ=フリークスで、日高のり子さんのクラピカが男装してる女の子でしたがww

カイトカットに関しては、確か監督が
「原作では再登場まで間が空き過ぎているので、視聴者が忘れないよう後で出すことにした」というような事を言っていたと記憶しています。

原作ストック充分で始まり、先の展開を見越した演出ができるのが新ハンターの強みでしたが、
先がわかり過ぎているのも時に考え物、って感じですね…

☆AN-Dさん

 俗に言うパイロット版ってヤツですね。
テレビアニメはこれを踏襲するのかと
思ってましたが、制作会社から変わってましたね。
子供心になんでだろう? と思ってました。

☆ななしさん

 後でカイトが出てくる、とわかっていなければ
出てきたということかも知れませんね。

 劇的な登場シーンがあれだったのが
本当残念で…。

コメントする