« これが本当の武勇伝 | メイン | その事実に愕然 »

2014年10月08日 / 『HUNTER×HUNTER』第2話の感想

 感想の最終回です。通しで書いてきて思うのは、アニメの感想って本当難しいってことですね。原作を知らなければストーリー的なところを押さえていけばそれなりの形になると思うのですが、既に原作を知っているとなると表現方法の感想になってくるわけで。作画がどうとか、演出がどうとか、声優がどうとか、BGMがどうとかで、スペースを埋めていくのは大変でした。

 ◎船長の声優が内海賢二さん。

 →パイロット版でも内海さんでしたね。今でも存命だったなら、一二支んの一人とか内海さんがやってたのかなあとか思ったり。今やってるアラレちゃんが出ているCMでも、センベイさん役で出てきたのかなあとか思ったり。こんなところでセンチメンタルな気分になるとは思わなんだです。

 ◎次回予告がおとなしい。

 →この頃は「タイトルと一言」くらいしか言ってなかったんですねえ。いつからああなってしまったのか。

 そんなこんなで終わり。ほいみん先生の新企画にご期待ください。

コメント

長きに渡りご苦労様でした
暗黒大陸編が始まるまできっとブログを続けていてください

選挙編がまだhuluで配信されずやきもきしています

 作品って、始まる前ややっている最中は
いろんな人が動いているという印象あるのですが、
終わると一気に人が減りますよね。

 ブログは頑張ります!

毎回チェックしにくるのが日課だったので寂しいです。

願わくば、暗黒大陸編がアニメ化されて
喋るクラピカを見たいです。。。

 ありがとうございました。

 クラピカはあんな普通に出てくるとは
思いませんでしたねえ。黒化しているのかと
思いきや、それすらもなかったという…。

2度目のアニメ化ってそれだけで叩かれやすい対象になりますよね

でもちょくちょくあった無意味な改変がなければ「原作に忠実なアニメ化」としてもう少しくらい評価されてたとおもうんです

作画の安定率が高かっただけにもったいなぁと

コメントする