« フィギュアグランプリシリーズ2014フランス | メイン | 料理ができる男性がモテるってのは嘘 »

2014年11月26日 / 『リーガルハイ』SP

 面白かったです。ですが、「展開が逆転していく」のに慣れてしまって、そこに鮮度を感じられない自分がいました。いわゆる「刺激が強いものほど飽きが早い」パターンかなあと。

 でもまあ、古美門、黛、三木などのキャラはずっと見ていたいので、2~3年に一度はSPをやって欲しいですね。

コメント

自分も同じような感覚でした。
叩かれるの覚悟で主人公を変えたスピンオフ的な話もやってみて欲しいと思いましたね。

今回のも大森南朋さんが主役で、コミカドが完全に敵役として作劇していたら結果が同じでもだいぶ印象の違う話ができたのかなと。

あと完全に悪役になりきってるコミカドもはまると思うんですよねぇ。

あ、名前間違えました。恥ずかしい。

 それを逆転してやったら面白そうですねえ。
悪のコミカドは確かにはまりそう。

 ただ、現実的なことを考えると事務所サイドが
OKだすのか? とか思ってしまうという。

コメントする