« 流行語大賞 | メイン | 地上波でレオパルドンがフューチャーされるとは… »

2014年12月04日 / 警鐘

 群馬県に住んでいると、「ぐんまちゃん」の侵食具合がもの凄くて違和感を覚えます。公共の物(工事の柵とか)のほとんどにぐんまちゃんが使われています。毎年、一千数百万の予算を投じて我が県は一体何処に向かおうとしているのだろうか…。

コメント

では、ほいみんちゃんやレモンちゃんを・・・笑
あ、でも広島にレモン忍者があるみたい;

ゆるキャラって1県に1体でも十分多いのに
なんでこんなにいるんですかね。
ちなみにほいみんさんはぐんまちゃんに予算を回す代わりに、
どこに回してほしいですか?

どーでもいいですけど、
全国どこにでもいるくまモンが怖いです・・・
真っ黒に赤という少々キツイ色、
そしてあの表情、怖いです・・・w

 くまモンはまあ終息を感じるのでまあいいかな~と。
一時期はぐんまちゃんとコラボしていた気がします。

 ゆるキャラはブームでしょうねえ。これも数年で
終わっていくのかなと。

 予算は…なにげに思いつかないという。
ぐんまちゃんアピールはいいのですが、
やりすぎ感が出ているのがどうなのかなあと。
ゆるキャラGP一位も金の力なんじゃないかと…。

 ほいみんちゃんは堀井さんに怒られますw

コメントする