« 散髪 | メイン | 『冴えない彼女の育てかた』♯10 »

2015年03月21日 / 『寄生獣』♯23

 ユピー撃破。凶悪な寄生獣よりも人間のが恐ろしいというメッセージがいいですね。この辺りが名作たるゆえんなのでしょうか。

 ラストで殺人鬼がどうなるのか。やはり村野を人質にとるパターンなのか? でもって、ミギーとはバイバイエンドなのか? 楽しみに待ちたいと思います。

 というか、ラストエピソードは1話でまとまってしまうのですね。これがちょっとビックリ。

コメント

こいつは悪じゃないから殺しちゃだめだ。でもやっぱり殺さなきゃ。
この人間のエゴと業をちゃんと描いているのがすごかったです。

やはり人間の「毒」にかなう生物は地球上には存在しないと。そういうことですかね冨樫先生?w


ってかミギー生きてましたねw妻がシンイチにシンクロして泣いてましたw

名作と言われるのがよくわかる回でしたねー。

ミギーは現代の作品ならあっさりしすぎなので
あれで終わったとは思わないのですが、
80年代ならあり得るかも知れないとw

最終回は実は不安のが強かったりします。
殺人鬼恋人相棒。…爽快な展開にはならないのだろうなあと。

やっぱりどう見てもユピーにしか見えませんよね(逆)

 言われるまでは気付きませんでした…w

 言われてしまうと、もうユピーにしか見えないっすねw

コメントする