« どこの誰だか | メイン | だひょ~ん »

2015年08月11日 / ドラマ版『デスノート』を少しだけ観ました

 「酷い」と言われていることを前提として観ているからかも知れませんが、「酷い」です(笑)。

 しかし、相変わらずネットは「ブサブサ」とか「死神の目を使い視聴率が半分」とか言葉のセンスが上手いですねえ…。

コメント

相変わらず適当に感想を読むくらいですが、
6話は厚切りジェイソンが死んでネタになったみたいですねw

藤原竜也がやっていた時も、演技は良いとして、見た目がもっと線の細い感じの役者さんの方が良いのかな~と思って観てました。

今回は、Lがもっとこうおかしな人っぽい感じが出てないと言うか。

キャラへの思い入れの度合いで、見方も変わりますよね。

☆誰かさん

 誰かさんが厚切りジェイソンを知っていることに
少しビックリ。世俗的なことには関心がないとばかり思ってました(どういうイメージだ)

☆みかちょさん

 藤原竜也はそうですね~。演技は良いのですけどね。

 あと読み込んでセリフの一つひとつまで暗記している人とかは
もの凄い違和感覚えるのでしょうねえ…。

一体どんなイメージを持たれているんだ・・・w
というより世俗的の意味がぶっちゃけよく分からないんですが、
ほいみんさん的には流行りみたいな意味?

そういえばデスノコラ作っていませんねw

ドラマ版のデスノートの最も優れている点は、ものすごく原作が読み返したくなるというところだと思います。
かくいう私も全巻買いなおそうかと悩んでいます。


夜神父の命懸けの脅しで月が一応シロになって釈放されたのは覚えてるんだけど、なんで証拠だらけのミサまで釈放されたんだっけ?とか。
だいぶ忘れています。

☆誰かさん

 そんな感じですね。我が道を行く感が
あるというか。

 デスノコラは一瞬よぎったのですが、
そんなに面白くはならないだろうな、と。

 そろそろ新企画をしたいところなのですが、
ノーアイデアという。

☆an-dさん

 確かに。ミサが解放された理由の描写が
あったことは覚えているのですが、内容は
覚えてないですねえ。

 実は私も単行本手放していたり(汗)

コメントする