« 若者の○○離れ | メイン | 『おそ松さん』♯6 »

2015年11月10日 / 映画とか

 名監督と呼ばれる人が晩節を汚す度に思うのが「伊丹十三監督だったらどうだったんだろう?」ってことだったりします。今だったら、『原子力の女』とか作ったと思うんだ。

コメント

あの監督は偉大でしたね。

なんか考える事も多かった方なのかなと思います。

作ってそうですね。
『原子力の女』とか『警戒区域の女』とか。

自身がちょっと関わることがあったので、考えさせられます。

 関わりがあったのですね。さすがです。

 ヤクザと金と女の使い方が秀逸でした。
 小学生の自分が観て面白かったのですから
凄いとしか言いようがないですねえ。

コメントする