« テレビでやっていたので『るろうに剣心 伝説の最期編』を観ました | メイン | すぎやまこういち先生か »

2015年11月27日 / 『ルートダブル - Before Crime * After Days - Xtend edition』の感想

パッケージ画像  『Ever17』や『Remember11』を手がけた中澤工氏が監督のAVGです。骨太な大作で、このご時世にこれだけの作品が出ていることに感動を覚えてしまいました。プレイタイム30時間オーバー、音楽やグラフィックも膨大。勿論、フルボイス。どうやって回収するのだろうな~。
 テーマは原発と救助(レスキュー)と超能力。どのテーマについても綿密な取材が行われており、ルポルタージュを読んでいるような感じもあります。
 ただ、全体的な物語は美しいのですが、カタルシスという点では弱かったです。登場人物、物語、構成、結末、すべてがあまりにも綺麗すぎる。隙がなさすぎる。エンターテイメントになりきれていないとでも言うか。もうちょっとわかりやすい爽快感があれば傑作になりえたのではないでしょうか。
 けど、このご時世にこれだけの大作を作ったのは本当に凄いです。ゲーム製作はロマンだよね。

コメントする