« とどのつまり…稼業!! | メイン | 確かに問題作だよ »

2016年05月26日 / 『ラブライブ!』♯4

160526.jpg

 地方民なので観たことなかったんすよ。

 ヒット作品の絶対条件って、間口の広さだと思うんですね。キャッチーさとでも言うか。誰が観てもわかりやすく面白くないといけない。設定がごちゃごちゃしてくると、「わかる人には面白い」になってきて、πの絶対数が減ってゆく。間口が広くなければ、ヒットしようがない。

 一見、『ラブライブ』はマニアックだ。アニメで、スクールアイドルで、キモオタ向けだ。世の中には、目が大きいだけでダメという人もいるし、アニメ声が苦手な人だっている。しかしながら、それが紅白に出るくらいの大ヒットを飛ばした。それは作品そのもののパワーで間口を広げたからなのだ。ブレイクスルーしたからなのだ。

 世の中にはそれ以前とそれ以後で世界が変わることがあって、『ラブライブ』前と後ではまさしく世界が変わったのだ。

 …だけど、その理由は私にはわかりませんでしたー!(笑)

コメント

私もアニメ視聴した時になにがこんなに盛り上がっているのかさっぱりわかりませんでした。
従業員のラブライバー(重度)の子に聞いたところ、「アニメはあくまで声優ユニットμ'sのPVに過ぎないんすよ。」と言われて納得しました。

 ああ、確かに納得です。
 
 アイドルアニメではなく、(アニメの)アイドル
ということかー。

コメントする