« ゆで太郎は最高だ! | メイン | ゆで太郎は最高だ!2 »

2016年06月05日 / 『真田丸』♯21

160605.jpg

 毎回面白いのですが、面白いと思う度に疑問が生まれます。20年以上もトップの脚本家でい続けられるものなのか…と。擦り減っていくのが普通じゃね? と。どういう頭の構造をしているのだろう。

コメント

むかし三谷さんの舞台の脚本家役のセリフで「才能も自信もない!でも一晩寝ないで考えれば、必ず良いアイデアが浮かぶはずです!今までそうしてきました!」というのがありました。
そういう一晩を今も繰り返してるのかもしれません。

 プロかアマかの違いは2作目があるかないかだ、
みたいなセリフがあって、当時はなるほどと思ったのですが、
今考えてみると物凄い皮肉だな、と。

とすると、映画「ギャラクシー街道」が本当に酷かったのは何なんだろう

 まあ元々映画は…(げふんげふん)。

コメントする