« はて | メイン | 回転寿司業界の企業努力は凄いと思う »

2016年08月02日 / 『シン・ゴジラ』を観たよ~

 あまりにも評判が良いから観ました。感想は庵野さんノリノリだったな、と。あと、『エヴァ』でなければ、素直な作品作りができるのだなと。

 以下は中度なネタばれ感想です。

 怪獣映画であり、特撮であり、エヴァであり、ポリティカルフィクションであり…といった要素をごちゃ混ぜにした超密度作品。情報量の多さが半端でなく、よくこれだけ詰め込んだな、と。

 新劇場版『エヴァ』では止めていたテロップ演出をこれでもかというほどに多用し、最後の方はセルフパロディみたいになってました。『エヴァ』ではできなくても、『シン・ゴジラ』ならできる。

 いろんなことを考えすぎて、頭の中がごちゃごちゃになって、ユーザーをおいてけぼりにして…とか、そういうのを心配しちゃうのが庵野作品なのですが、見事な娯楽作品に仕上がってました。政治芸とか本当最高。

 これの為に『シン・エヴァ』がストップしていたというのなら、納得できるかなあと。あと、恐らく『シン・エヴァ』はこういう素直な作りにはならない(できない)と思うので、観たい庵野さんが見られたのは良かったです。

コメント

今日は珍しく00:00じゃなかったですね。

エヴァはいつか父が有名なんだよとウキウキで借りてきて、
両親と遊びに来ていた従姉妹と共に観ていたのですが
どうもピンとこなく結局従姉妹だけ全て観て後でた映画も観たと語っていました。
当時、せっかくロボットに乗るのになんでただのデカイナイフで戦うねんと思ったなあ 笑

シンゴジラを見た島本和彦さんが今年の夏コミで「庵野やめろ!俺より面白いもの作るんじゃねぇ!」っていうシンゴジラの解説本出すそうです。
めちゃくちゃ読みたいです。

☆誰かさん

 ネタ切れ&忙しいのダブルパンチっす。
ほどよく忙しいのがちょうどよいのだ…。

 ナイフは当時は「へえ…」と。バトルシーンが
あっさりした作品だなあと思ってました。

☆AN-Dさん

 いいですね。モユル君ばりの分析力で
あーだこーだと書いてあるのでしょうかねえ…。

私も本日鑑賞してきましたシンゴジラ。
嬉しいことに私の実家(武蔵小杉近辺)も、以前働いていた職場(東京駅近辺)もめちゃくちゃにされてました。

小学生時代に平成ゴジラをかかさず見るほどハマり、中学時代に旧劇エヴァに打ちのめされた自分にとっても、とても感慨深い作品となりました。

シンエヴァでもシンゴジラ2でも庵野監督の次作がとても楽しみです。

 自分の知ってる地域が潰されることに
嬉しさを覚えてしまう不思議ですねw

 ゴジラはvsビオランテを見たことある気がする
んですが記憶がイマイチはっきりしません。
特撮に感慨がないというか。通った道が
外れだったのかも。

僕もようやく見てきました。
庵野さんが自分の作りたいものを作っていたなと。
そして、伊福部昭の音楽はやっぱすごいなぁと。そこに鷺巣さんが入ってきて、M20使うのかとw

 『エヴァ』でこれをやりたかったんでしょうねえ…。

 曲そのものは知っていた(そりゃそうだ)のですが、
伊福部昭の名前は今回で認識しました。
改めて名曲っすねえ。自衛隊の曲とかたまらんです。

 鷺巣さんと言えば、『ベルセルク』で存在感が
薄いのが個人的には納得できませんw

コメントする