« ソースカツ丼を食べました | メイン | スタインウェイの人やん! »

2017年05月28日 / 四十路の限界2

 朝7時くらいにジョギングをしていると小学生の集団登校に遭遇するのですが、「おはようございます、おじさん」と声をかけられるんじゃないかと、毎回ひやひやします。自分で自分のことをおじさんと言いますが、人から言われるのは嫌なのだ。でも、若いちゃんねーならいいのだ。

コメント

ほいみんさんが言う若いちゃんねーは何歳までですかねw

自分は20歳の時ある学校の校庭に諸事情で座っていたところ、
帰宅中の小学生に誰かのお母さんですかと戸惑われながらも聞かれましたよ。
そういえば小学生の頃1〜2学年上の人達でさえ怖かったなと思い出しました。

年齢では計れないですねー。
誰かさんの年齢なら確実に大丈夫です(〃ω〃)

今は逆に年下が怖いかも知れないですね。
自分をおびやかしそうで(笑)

そういえば甥っ子さんいましたっけ。
成長したら色んな意味でおじさんと呼ばれるのでしょうね…
おばさんおじさんは歳をとった人という意味でもあるのでイヤですね、新しい言葉作って下さい。

甥はおじさん、おばさん言わない教育をされているので
平気っすね( ^∀^)

今は誰でもお兄さん、お姉さんですね。
でも若いちゃんねーならおじさんと
呼んでくれて構わないのよ?(笑)

えーっと…
ほいみんおじさんが羨ましいです 笑
でも40過ぎてお姉さんと言われる未来を想像すると変な気がしなくもないので、
「(名前)さん」が無難な気がする。
あ、ほいみん兄とかそういうのもよさそう。

コメントする