« 真坂 | メイン | 凡夫故の気付きっ・・・! »

2018年01月25日 / 『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』実写映画版を観ました

 ドラマ版を観て気になったので。家から一番近い映画館でやっていたので。

 結論から言うと観て大正解。想像以上に面白かったです。原作が程よく好きな人は観ておいた方がいいです。程よく…というのは、大好き過ぎると細かい部分が気になると思うからです。当時アニメを見ていて、程よく忘れている…くらいの方が◎。

 出演者が可愛い&コスプレ能力が高い&セットにお金をかけている(麻雀会場)。この三つが揃うだけで安っぽさがなくなり、見れる映画に仕上がってました。演出された方は凄いです。

 唯一ダメなのが演技ですが、こればかりはどうしようもないです。出演者が何十人もいるのに上手い人を揃えられるわけがないし、そもそもプロの声優にかなうわけがないのです。それは監督側もわかっていたようで、演出で全面的にカバーしてます。

 …というか、おじさんくらいの年齢になりますと、そういう拙さも可愛いと思えてしまうのですよね。

 おじさんをターゲットにして、若い子を揃えてコスプレさせて、原作に寄せまくった演出をすればきっと受ける! …と考えたかはわかりませんが、私にはツボでした。

 書いてて悲しくなってきたので、この辺りで。いや、本当面白かったです。

コメントする