« 食べたことないやつや! と思ったら | メイン | 天とろろ蕎麦 »

2019年05月19日 / 『幽☆遊☆白書 「TWO SHOTS」「のるかそるか」』

190524_01.jpg

190524_02.jpg

190524_03.jpg

190524_04.jpg

 先生が休載なしで描いた読み切りと、原作最終回がついにアニメ化! 微笑みの爆弾も流してくれたし、作画も綺麗だったし、最高でした!

 あと京田尚子さんがご存命で良かった…! 本当に良かった…!

コメント

友人に後ろから投げてもらった消しゴムをノールックでキャッチする「なんだ消しゴムか」ごっこをやったのはいい思い出です。

そんなごっこが笑 シーンはすっかり忘れてましたが、すぐに蘇りましたねえ。

「のるかそるか」は実質最終エピソード、という意味ですか。

「TWO SHOTS」に関しては冨樫先生が忙しすぎて腹が立って
アシスタントを呼ばずに描いたという壮絶な状況が偲ばれる話を思い出しました。

またこのアニメでは麻弥の声優さんがTV放送当時生まれていない人だったり、昔のままのBGMが使われていたりで
新鮮なような懐かしいような不思議な感覚でしたw

ですね。最終回のエピソードも含まれていたので、
そう書いちゃってもいいかな、と。

当時は休載なしで、他の仕事を振るという文化でしたねえ。
秋本先生しかり、鳥山先生しかり。

そうそう、懐かしいのだけど新しかったです笑

コメントする