« アニメ | メイン | テキストサイト »

2007年11月01日 / 夕張復興ゲーム『シムユウバリ』の序盤を紹介します

 現在、同人ゲームとして制作中の夕張復興ゲーム『シムユウバリ』のご紹介。今回はゲーム序盤をドーンと紹介しちゃいます!

 プレイヤーは最初から市長というわけではありません。まずは立候補届を提出し、選挙活動をし当選しなければなりません。全てがそこから始まります。

 しかしながら、財政破綻している夕張市ですから、当然ながら市長の給料は低いです。具体的には259,000円しかありません。これは全国でダンチの最低基準です。それに加えて借金地獄(360億円)なわけですからどうにもこうにもI can not。誰もなりたくないと思うのが普通です。

 けども、これはゲームですから沢山のライバル候補がでてきます。自分も夕張の為に何かをしたい。夕張の市長になって有名になりたい。夕張市を廃棄物処分場にしたい。それぞれ独自の考えを持っているライバル達です。

 ライバルは豊臣秀吉、毛利元就、織田信長、徳川家康の4人です。豊臣は資金力、毛利は人気、織田は頭脳、徳川は奸智に優れているという特性があります。プレイヤーはこれらの候補者の中から勝ち上がらなければなりません。勝ち上がっても得られるものは借金だらけの夕張市長(給料259,000円)の座ですから、ある意味マゾゲーとも言えますが深く考えるのは止めましょう。

 選挙編のメイン画面です。プレイヤーは各種コマンドを選び、選挙戦を戦っていきます。選挙期間は公示日から投票日前日までの7日間です。

 色々とやることはあるのですが、まずは服装を選びます。高級スーツ、ネクタイ、革靴、腕時計などの選択肢もありますが、これらを選ぶと好感度がガクンと下がります。オススメはジャージにスニーカーです。庶民ウケを考えましょう。ただ高難易度でプレイされたい方にはこの限りではありません。

 関係ないですが、朝食は5分で片手で食べられるもの(もう片手の方で新聞を読む為)。入浴は朝にしましょう(体臭がキツくなるのを防ぐ為)。

 コマンドは次の通りです。それぞれのコマンドを駆使して好感度ポイントをアップさせましょう。

 ◎電話をかける

 人海戦術で有権者に投票を促します。ウザいと思われるかも知れませんが、狭い選挙区の中では割と効果のある方法です。ですが電話をかける時間帯を間違えると好感度が下がります。詳しいことについては『クニミツの政』参照。

 ◎演説をする

 集会所など大勢の人々の前で自分の意見を言います。電話をかけるよりも多くの支持が得られます。ですが、それなりの資金が必要です。

 ◎ポスターを貼る

 自分の顔を覚えてもらうのに役立ちます。資金はかかりますが、確実に行いましょう。貼る枚数によって好感度アップに多寡の差が出ます。イタズラされた場合はただちに直さないと選挙法違反になるので注意が必要です。またポスターに表記する名前は名字が漢字、下の名前を平仮名にしましょう。そうじゃないと有権者に漢字を間違えられて無効票になる可能性があるからです。

 ◎妨害工作をする

 成功すると敵陣営の人気が下がります。食べ物に下剤を入れたり、「お前のかーちゃんでべそ」といたずら電話をしたり、過去のスクープを暴露したりします。不倫疑惑などを暴露した場合、好感度を一気に下げることができます。有名な探偵を雇いましょう。バレたらヤバイですが、バレなければ平気です。

 選挙編の場合、普通にやっていては毛利元就陣営に勝つことはできません。彼を失脚させるスキャンダルを入手することが必要不可欠です。選挙の世界はどす黒くて残酷なのですよ?

 ◎選挙カーで遊説する

 ハコ乗りで有権者にアピールします。危険なので普通の人は真似をしてはいけません。当然ながら、お金がかかります。

 ◎徒歩で遊説する

 歩いて有権者にアピールします。地味ですが、有権者と触れ合うことで確実な支持が得られます。畑仕事をしている農民に「おじいちゃーん」といって走っていくと効果抜群です。

 そうして選挙期間が終わるといよいよ選挙日となり、運命の開票結果を待つことになります。果たして貴方は夕張市の市長になれるのでしょうか? そして、夕張市を救うことができるのでしょうか?

 ~選挙編の攻略ポイント~

 まずはポスターを貼って好感度を上げます。徒歩で遊説、選挙カーで遊説をして好感度を上げます。徒歩で遊説をしていると、毛利元就陣営が絶大な支持を集めていることがわかります。フラグが立つと、毛利陣営に対する妨害対策が実行できるようになるのでこれを使い失脚させます。あとは選挙資金をフルに使い、演説、電話を駆使して好感度を上げましょう。

 ※※※

 という感じが選挙編になります。

 市長になって夕張市を救えるか否かは貴方次第!

 ではでは。完成をお楽しみに。


2007年10月11日 / 夕張復興ゲーム

 現在、同人ゲームとして制作中の夕張復興ゲーム『シムユウバリ』のご紹介。一応、冬コミで発表する予定です。

 ~あらすじ~

 多額の借金をかかえて財政破綻した夕張市。市長は借金を返済し、復興する為に尽力してきましたが、志半ばで倒れてしまいます。そこで市長選に立候補したのが貴方です。まずは選挙に当選し、市長(月給259,000円)になりましょう。そして、財政再建を目指すのです!

 ~背景~

 かつては石狩炭田の中心都市として栄えてきましたが、時代の変化と共に財政難に陥ります。その為、自転車操業的に資金をやりくりしていましたが、2006年に破綻。世間にバレてしまいます。そして、2007年3月6日から財政再建団体に指定されてしまいました。

 ~目的~

 2027年までに630億円の借金を返済。人口10万人以上を目指す。財政再建団体からの脱却。

 ~ゲームオーバー~

 借金が800億円に達する。人口が5000人を下回る。ゲームスタートから20年経過。そのいずれかの状況になった場合、夕張市は高レベル放射性の廃棄物処分場になりゲームオーバーとなります。

 ~音楽~

 最初はアッテムトの曲や涙を拭いてといった悲しい曲。ですが、次第に復興してくるとOne Up Studios String Cityみたいな曲に切り替わっていきます。

 ~システム~

 三国志風のシミュレーションゲーム(戦闘はありません)です。限られた予算内で、各種コマンドを実行して政治を進めます。税収>支出、となるように政治運営し、借金を返済していきます。しかし、借金の返済ばかりに頭がいくと市民の不満が増え人口が減ります。

 また、汚職、裏金問題など、様々な問題がイベントとして登場します。汚職を放っておけば予算がドンドン減っていきますし、人気も落ちます。特定条件をクリアしてそれらの問題を解決する必要があります。

 4年に1度ですが、選挙イベントもあります。選挙活動をして、市長の座を死守しなければなりません。落選した場合は当然ながらゲームオーバーとなります。

 以下はコマンドの詳細です。

 ◎土地コマンド

 治水、開墾をして土地を豊かにします。土地が豊かになれば、豪雪での被害が少なくなります。また人口も増えます。人口が増えれば税収が上がります。勿論、市長の評判も上がります。市長の評判があがると、コマンド実行回数が増えたりといったボーナスが貰えます。

 ◎教育コマンド

 教養レベルが上がります。教養レベルがあがれば、メロン事業の復興や映画祭の復活などが可能です。また、さらにレベルが上がれば、温泉、リサイクル施設といった新しい産業を始めることができます。産業がうまくいけば収益があがり、借金の返済が早まります。

 ◎事業コマンド

 ある程度の教養レベルがあると選択できます。全国のモデルケースを参照し、新事業が展開できます。しかし、借金漬けの夕張市ですから、そう簡単には選択できません。使用できるのは後半になってからとなります。

 ◎医療コマンド

 医療レベルを上げます。夕張市は人口の殆どが高齢者なので、ある程度のレベルを維持しないと人口がドンドン減っていきます。

 ◎交通コマンド

 交通レベルを上げます。鉄道、道路、バス路線を整備し、アクセスを良くします。アクセスが良くなれば人口や観光客が増えます。

 ◎観光コマンド

 観光レベルを上げます。名所を整備し、魅力のある施設作りをします。レベルが上がると、ツアー客が増えたり、修学旅行を誘致できるようになります。

 ~搭載予定イベント(一部)~

 松山千春さんが100万円をくれるイベント。

 大地震が発生して各種レベルが低下するイベント。

 ~ゲーム画面(開発中のものです)~

 というわけで、目指せ借金完済! 夕張市を救うのはパソコンの前の貴方だ!