« 内容のない話 | メイン | 挑戦 »

2012年04月06日 / テレ東の配慮

 久々に『花園FOREST』に行ったら、大食い選手権の告知の紙が貼ってあって、それ自体は別にふーんなのですが、よく見たら収録したのが去年の2月末だと書いてあってビックリ。震災の影響で放送が1年延期になったらしいです。そういえば、最近大食い選手権って放送されていなくて打ち切りにでもなったのかしら? と思っていたら、実は震災の影響だったと。テレ東と言えば、地球消滅の危機にでもならない限りマイペースな放送をするとして有名でしたが、最近は配慮している!


2008年10月18日 / 加藤綾子アナは

 高島彩の名前がケメコとかだったら、「『アヤパン』が私の番組になったのに!」と思っているのでしょうか。

 どうでもいいのですが、2年連続で大型新人を出す戦略は間違っていると思います。


2008年07月19日 / 近況に変化はない

 オバマ「大統領に俺はなる!」
 マケイン「私は負けいん!」


2008年06月01日 / あつい

 ぱじゃまソフトから『ティンクル クルセイダース』の体験版が送られてきた。2年以上も前にハガキ送っただけなのにきめ細かいサービスをする会社だなぁと思う反面、これが時限爆弾になった人も結構いるのではなかろうかと余計な心配をしてしまったのは僕だけではない筈だ。


2008年05月04日 / 最近思ったこと

 『サンドウィッチマン』の富沢さんがパンダに似ている。


2008年05月01日 / 大いなる矛盾

 当時、デジカメがあったら「ふっかつのじゅもん」を間違えることもなかったのに。


2008年04月28日 / 最近驚いたこと

 古都ひかるが地味に露出していたことにビックリ。インターネット時代ならでは。


2008年03月02日 / 爺ちゃんグラフィティ

 爺ちゃんが癌と診断され手術をした。

 胃の何分の何を摘出し、絶対安静の小康状態。余命幾ばくか――とは言ってなかったが、話を聞く限りではそう長くはない感じだった。最近、母さんも忙しく病院へと世話に向かうことが多く、最近では朝方にいきなり呼び出されることもあった。何年か前では心停止した後に電気ショックで蘇るという、まさに死の淵にいたこともあった。人間いつかは死ぬ。普段はそれを敢えて忘れようとしているだけだ。人間の平均寿命を超え、傘寿を超え、活動限界が近かった。

 そんなのは当たり前のことで、誰しもが理解していることで、空は青い、メシを食べたら排泄する、殴られたら痛い、みたいな常識レベルな話と何ら変わりはない。

 現に日常には死が溢れている。新聞を見れば、毎日お悔やみ欄のスペースがギッシリになっているし、テレビを付ければ事故だ何だので死者の報道をしている。フィクションの世界でも登場人物は良く死ぬし、知人回りでも誰々の○○が亡くなったという話をしょっちゅう聞く。葬儀屋という職業が成り立ち、坊さんが食べていけるのも日常に死が溢れているからだ。

 しかしながら、身の回りで発生する死だけは特殊だ。人は人が亡くなるということを理解していながら、自分が死んだり三親等くらいまでの縁者が亡くなるという事実から目を逸らしてしまう。いや、わかってはいるのだけど、どうしようもない。もしそれがどうかできるとするなら、そんなのは人間ではない。

 理由は至極簡単である。寂しいからだ。今まで存在していた人がいなくなってしまう。なので寂しい。自分にとって思い出があればある程、寂しさは増してしまうわけで、だからこそ縁者の死は辛い。

 まぁ、僕と爺ちゃんの間にこれといった思い出はないんだけどね。一緒に住んでいたこともないし、爺ちゃんの家に遊びに行った時も相手にしてくれたのは婆ちゃんで、爺ちゃんは酒を飲んで箱根駅伝を観ているというイメージしかなかった。

 それでも僕にとってのルーツが爺ちゃんにあるわけで、この人が存在しなかったら、僕もいないわけで、そういった血の繋がりみたいなものが、この何とも言えない感慨を生んでいるのだと思う。これは感覚でしか語れないけど、誰しもがわかることなのではないだろうか。

 というわけで、その爺ちゃんのお見舞いを進められたのが先日だ。

 「アンタ、お爺ちゃんのお見舞いに行ってきなよ、喜ぶよ」

 やたらお見舞いを進める母さん。その勧め方がかなり強かったのは、爺ちゃんの余命がそう長くはないからだろう。生きている内にその面を拝んでおけと、そういう意味なのだと僕は理解した。

 というわけで、僕は爺ちゃんのお見舞いへと向かうことにした。実はここ数年爺ちゃんには全く会っていない。小学校の頃は夏休みとか、お正月に良く遊びに行ったけど、中学高校と成長するにつれて、そういう機会がなくなるというのは良くあることだと思う。勉強や恋愛に急がしかったのだ。嘘。

 爺ちゃんに会うのは何年ぶりだろうか。ぶっちゃけ、思い出せなかった。10年……ということはないだろうけど、5年は会っていなかった。婆ちゃんとはそれとなく会う機会があったのだけど、爺ちゃんはあまり動かない人なので、その機会が全くといっていい程なかったのだ。前回に会った思い出を探ろうとするのだけど、記憶の糸が解れない。結局のところ、それを思い出すこともなく、僕は病院へと向かった。記憶の中にあるのはコタツで酒を飲みながら箱根駅伝を見ている爺ちゃんのイメージのままだった。

 ――だからこそ、僕は病院で爺ちゃんに会うのが少し怖かった。執拗にお見舞いを勧めた母さん。長くはないことを物語るそれは、爺ちゃんが日を重ねるごとに弱っていることを示しているに違いないからだ。

 病魔に冒され弱っている爺ちゃん。顔色は弱く、意識は朦朧とし、髪は抜け落ち、目の焦点は合わず、やせ細り皮と骨。そんなのが連想された。元気だったお爺ちゃんのイメージがそれに変わってしまうことが怖かった。ひと目見て、爺ちゃんとわからなかったらどうしよう。

 だけど、会わなければダメだ。もう長くはないのだから。人間いつかは死ぬ。爺ちゃんも例外ではない。爺ちゃんの心中はわからないけど、死に目に孫に会えたとしたら、それは多少はコンマ何ミリかは嬉しいだろうから、いや、そんなのはこっちの勝手な想像かも知れないけど、母さんが「アンタが行ったら喜ぶよ」と言うのだから、多少は言うことを聞こうか的な親孝行感。結局、爺ちゃんの気持ちは僕が爺ちゃんの年齢になるまではわからない。まぁ、会いに行ってマイナスになることは有るまい。

 様々な思考が輻輳した所で、僕は病室のドアを開いた。一応、骨と皮状態の爺ちゃんを見たとしてもショックを受けない程度の覚悟は決めたところで。

 「おお、きたか。ガハハハハ」

 病室のベッドにいたのは、平均寿命を超え、傘寿を超え、癌の摘出手術を終えたばかりの死に損ない――とは思えないくらい元気な爺さんだった。当時の記憶と一発で重なり僕は項垂れた。

 OTL

 「ガハハハ」

 ――死ぬほど元気じゃないか。

 僕の今までの思考は何だったのだろう。まぁ、確かに余命幾ばくとか、死にそうとかは、僕が勝手に想像していただけだったのだけど、そりゃ状況を聞く限りではそう思うよ、思っちゃうよ。

 でも、あの元気さはないんでないの? 状況が状況なだけに、もうちょい死にそうな感じでも良かったんでないの? いや、良くはないのだけど、有り難いことなのだけど、このパターンは想定していなかったのでリアクションをまったくとれなかった。

 いや、僕の爺さんだとするならあり得るか。僕のルーツであるのなら。これは、アリか。

 だから僕は60年後に同じドッキリをしてやろうと思ったのだった。


2008年01月25日 / 結構ヒドイ

134 名前:困った時の名無しさん[] 投稿日:2006/06/08(木) 00:31:24
私も市販のポテサラが好きで、どうにかして作れないかと、ここのレスを参考にしながら
作ってみました。
・じゃが芋…大2個
・人参…中1/2
・バター…1かけ
・ウェイパー…小さじ1/2
・牛乳…大さじ5
・ヨーグルト…大さじ1
・マヨネーズ…大さじ3

1、人参は小さいサイコロ状に切り、好みの固さにゆでる。

2、じゃが芋は、レンジですぐに柔らかく出来るように少し小さめに切って、ラップをして
レンジでチン。

3、じゃが芋をボールに移し、熱いうちに塊がなくなるまで潰す。バターとウェイパーを加えて、
混ぜながら潰す。
少し物足りないくらいの味でOK。

4、人参を加えて、牛乳を少しずつ加減しながら入れてヘラで混ぜ、モサモサ感がなくなるくらいの
なめらかさでストップ!

5、ある程度冷ましてから、ヨーグルトも少しずつ加減しながら入れて混ぜ、ヨーグルトの風味が
するかしないかでストップ!

6、最後にマヨを好み味(市販のやつに近い味)になるよう入れる。

まぁまぁ近い味になるんじゃないかなぁ?と思いますが、味見してるうちによく分かんなくなるし、
やっぱり市販のと味が違うから、不満足だったらごめんなさい。
よかったらお試しください。ケータイ&長文スマソ。

135 名前:困った時の名無しさん[] 投稿日:2006/06/08(木) 00:37:47
連投スマソ。
分量はすべて目分量なので、うまく出来なかったらごめんなさい。

136 名前:困った時の名無しさん[sage] 投稿日:2006/06/08(木) 09:25:32
自分で作るのがいちばんおいしい

137 名前:困った時の名無しさん[] 投稿日:2006/06/08(木) 12:33:34
作ってみようと思うんですが、芋のレンジでちん時間はだいたい何分位ですか?

138 名前:困った時の名無しさん[sage] 投稿日:2006/06/08(木) 12:59:52
>>137
数次第なので何とも言えない。

139 名前:困った時の名無しさん[] 投稿日:2006/06/08(木) 13:08:08
じゃがいも3つ位だったら何分位でしょうか?

140 名前:困った時の名無しさん[sage] 投稿日:2006/06/08(木) 13:11:35
>>139
レンジ次第なので何とも言えない。


2007年10月09日 / 休日の過ごし方

折り紙してた。


2007年09月25日 / マクドナルドミッション

858 名前:やめられない名無しさん[sage] 投稿日:2007/09/01(土) 22:02:46 ID:I/wCGyLX
数年前、マクドナルドでバイトの女の子に対して
通常とは逆の順番で注文したらどうなるか試した人がいた。
つまり「店内で、バニラシェークのMサイズと、
マスタードソースのナゲットとポテトのSサイズとチーズバーガーをクーポンで下さい」
という風にね。
すると、レジの女の子はすっかり頭が混乱してしまって、
何度も注文を聞き返し、おまけに最後に「店内でお召し上がりですか」と聞いたそうだ。

面白い。

そこで、僕も試してみた。
「店内で、ペプシコーラのMサイズと、ポテトのMサイズ、あとフィッシュバーガーを
お願いします。クーポンで」
バイトの女の子は顔を挙げて言った。
「あいかわらずの性格ね。」
別れた彼女だった。
「僕らの時間も逆にたどれないかな?」
突然泣き出す彼女。
「おい、いきなり泣くなよ。こんなとこで・・・・」
「ごめん。でも逆にたどるなら、始まりは涙でしょ?」

 最近、クポーンが値上がりしたのであまりマックに行かなくなったのだけど、これは面白い。というわけで、僕も試してみた。もしかしたら、素敵な再会があるのかも知れない。

 「コーラのMと、ポテトのM、月見バーガーをクポーンで」
 「はい、わかりましたー」

 ……ドライブスルーだった。


2007年03月20日 / 洗車した直後に豪雨

 「風呂入ったすぐ後にウンコをすると、クソッていう気分になるよね」
 「つまらないよ」


2007年03月06日 / 業界用語

 自分「シーメーって知ってる?」
 相手「うん知ってる。メシのことでしょ?」
 自分「シースーは?」
 相手「寿司のことでしょ?」
 自分「そうそう。じゃあパイオツカイデーは?」

 ――殴られた。