闘神都市U



メーカー  アリスソフト
ジャンル RPG
値段 WIN廉価版4800円



闘神U・タイトルの代わり
(C) アリスソフト



 とりあえず、前作をプレイして見て、結構面白かったので、買ってみた、という感じでしょうかね。各地での評判も上々ですし、OVA化までされている所をみますと、それなりに良い作品である、ということでしょうから。しかし、ワタクシの住んでいる所は田舎ゆえに、WINゲーのソフトを扱っている店が、異常に少ない。ゆえに、買うのには苦労しました。

 簡単にゲームの説明。
 主人公のシードは、幼なじみの葉月と結婚するために、闘神都市で開催される、闘神大会に優勝しなければ、ならなくなった。でもシードは弱い。戦って、レベルアップして、優勝を目指す。RPG。(ホントに、簡単な説明だなあ)

 感想。
 良く出来てるなあ。
 細部まで、作り込まれているし、隠しイベントの類が半端じゃないし。やり込み人にも対応してますし。スタッフ、かなり気合いれて作ったんでしょうね。
 素直に、面白かったです。

 キャラクター。
 主人公の性格が笑えて良い。といっても、漫才師のような性格という訳ではないですよ。「いい奴」というベースの性格が決まっているのですが、プレイヤー次第で、善人にも悪人にもなれます(それが、ゲーム内で、特に影響するというわけでは、ないのですけどね)。そのギャップが笑えます。まあ、ベースの性格自体は、とかく面白い、というわけではないのですけどね。それだけに、プレイヤーが鬼畜モード(造語)を作動させると面白いです。
 その他。基本的に印象に残るような、キャラクターはいないんですよね。基本的にパーティーを組むのではなく、ずっと、一人で行動しますから。まあ、そうなると、主人公以外のキャラの出番が少なくなっちまうので、印象に残りにくいのでしょうね。
 あっ、でも、幾人かは、やっぱり印象に残るかな(←どっちやねん)。というのは、結構、可哀相なキャラが多いからでしょうね。むやみに(でもないのかな)、キャラクターを殺すのは、イカンと思いますよ>シナリオライターさん。まあ、確かに、死んでも……、というか死んだ方が良いキャラクターもいますけど、そうでないキャラが死んだのも事実です。その方が、シナリオ的に書きやすいし、まとめやすいかも知れませんが。
 あと、キャラ数はかなり多かったですね。ランス4よりは多く、鬼畜王よりは少ない、という感じですね。
 一応、ヒロイン(葉月)について、コメントを書く。
 ……、とかく面白くはないかな?(失礼) 剣の腕が立つという、設定以外は別に面白くはなかったでしょうかね。まあ、……う〜ん。でも、ゲームのヒロインとしては、無難な存在ですかな(笑)。
 
 シナリオ。ゲーム構成。
 私的には前作の方が……好きです。
 まあ、今作も好きですけどね。というのは、今作の進行具合というものが、ゲームを進めている、というよりも、作業をしている、という風に思ったんです。これは、具体的に言えば、なぞ解きが簡単すぎた、という事なんですけどね。
 前作では、トーナメントで敵を倒すのに、かなり頭を悩ませたのですが、今作のなぞ解きは簡単すぎました。「解く喜び」、を感じさせてくれなかったのですな。ここら辺の個所が、私が前作を指示する要因なのですが、今作のなぞ解きは、はっきり言って作業的でした。自分で考えて、行動するのではなく、もうすでに答えが出ているので、それに向かってただ動いている、という感じですね。攻略本を見ながらプレイしている感じ、でしょうかね。
 と、なんだか、シナリオ関係からずれてしまったので、修正。
 肝心のシナリオの方ですが、これは恒例? のベタベタなシナリオでしたね。前作もかなり、クサクサ〜、という感じでしたけど、今作はそれとは比べ物になりませんよ。クサクサクッサ〜、っていう感じで。(←なんやそれ)
 まあ、この辺は人を選ぶでしょうね。私的にはクサクサ〜、って感じでしたけど(笑)。
 と、メインはこんな感じでしたけど、このゲームは発作的なイベントの方が多いですからね。まあ、ベタベタのクサクサなのが嫌いな方でもOKです。
 で、発作的なイベントというのは、ダンジョン内で起こるイベントの事なんですけど、まあ、このゲームのメインですね。
 ダンジョンの各階ごとに、それぞれイベントが用意されいていて、それをクリアしないと、先に進めない、っていう奴です。この辺は、 前作と同じですね。
 んでもって、思った事は「ひねりが無かった」、という事ですかね。もちろん、他のメーカーでは気にならない事ですが、シナリオに今一つ、奥深さが感じられませんでしたね。まあ、この辺は、なぞ解きが簡単だった、という事と連結してくるのですが……。「いいんだけど、この程度じゃあなあ〜」
 しか〜し。ラストの盛り上がり方は、かなり良かったですね。アリスのゲームは、鬼畜王にしろ、ぱすチャにしろ、後半の盛り上げ方がかなり良い。、もちろん今作もです。これは、RPGにとっては重要な要素だと思ってます。やはり、印象に残るのはラスト、ラストの作り込み次第で、作品の受け取り方が変わると、思います(例外アリ)。
 多少、具体的に書きますと、やはり「感動」、という部分ですね。やはり、RPGやっていて、思う事は、感動が無いとつまらない、という事です。今作では、なかなか感動できました。もちろん、泣く、とまではいきませんけど。

 システム。戦闘。
 これが、非常に良い。私が、闘神Uで一番良いと思う個所はここですね。一番最初にプレイした時の、戦闘の楽しさ。RPGでの要部分ですけど、これの出来がかなり良い。
 戦闘は、ごく普通のドラクエ方式そのまんまなんですけど、なぜか、面白かった。ドラクエYの戦闘よりも面白かった(笑)。
 やはり、バランスの問題かな〜。アリスのゲームの特色として、RPG部のバランスが良い、という事があげられますけど、今作のバランスはマジで絶妙、心地よく戦闘が進められましたね。唯一、マイナス要因として「中ボスクラスの敵がかなり弱かった」、というのが残念ですけど、雑魚との戦闘はかなり楽しめた、というより、今でも楽しんでたりします(笑)。  
 あと、戦闘システムを褒める要因はテンポですね。バランスっていうのと、かぶるかも知れませんけど、1戦闘あたり、20秒かからないですね(例外アリ)。これは、RPGでかなり重要な個所です。雑魚との戦闘で2分もかかるようなRPGは×です。雑魚とも戦闘はもっと、リズミカルにいきたいです。ここ出来は◎。
 んでもって、新鮮に思ったのは、一人パーティー、という事ですね。前作でもそうでしたけど、一人っていうのもなかなか良いものです。
 最近のRPGで、一人パーティーという事は100%、ありませんけど、今作での一人パーティーは良かった……。一人パーティーだったので、バランスの調整が、うまくいったのかも知れませんね。
 一人、ということは死んだら即ゲームオーバー、ということは、自ずと緊張感が生まれる、ということは、戦闘が面白くなる……。と、ここまでアリスが計算していたかは、わかりませんが、とかく良く出来ている事はたしかです。
 んでもって、その他のシステムについては、特に可もなく、不可もなく、といった感じですね。操作性も問題なかったですし。ああ、そうそう、主人公の移動スピードを変えられたのは良かったですね。あんまり、ちんたらしたスピードだと、やる気でませんし。
 システムは、闘神Uで一番良いと思う個所でした。実に良く、作り込まれてます。

 グラフィック。
 まあ、元はDOS版のベタ移植です。WINの奇麗なグラフィックと比べてはいけません。
 しかし、これが出た当時としては、かなり良いものだったと聞きます。
 確かに、グラフィックに気合が入っていた、ということは感じとれました。今、見てもそれなりに、奇麗ですし。背景の出来具合もなかなかだと思います。

 音楽。CD−DA、ALL。
 とりあえず、CDを直に鳴らしてみて、何曲あるか、チェックしてみました。そしたら、36曲! 多いですね〜。鬼畜王よりも多いです。まあ、ランス4よりは少ないですけどね(笑)。
 この辺に、闘神Uへの意気込みというか、気合を感じました。曲数が多い方が良い、というわけではないですけど、少ないよりは良いですから。
 そして、曲の中身の方もなかなかです。まあ、元々CD用に作った曲ではないですから、それなりに、CD音源よりは落ちますけどね。
 気に入ったのは、ラスボスの曲と女の子モンスターとの戦闘での曲かな? もちろん他にもありますけど、割愛(笑)。
 この辺の「曲に関して」、は特に問題ないですよ。Goodです。

 Hシーン。
 グラフィックはWINの物に比べたら、落ちますけど、量的には、かなりありました。量というのは、相手女の子の人数と、CGの枚数、テキスト量、全てです。特にCG枚数なんかは、女の子モンスターすべてに用意されているわけですから、とんでもない枚数です。
 テキストの質と量も、なかなかのものでした。
 特に、後半ですかね、この手のイベントで面白かったのは。ストーリー前半は、やや短調というか、パターン化されていましたけど、ストーリー中盤からのHシーンは面白かったです。
 この辺も気合入れて作ったんだな〜、と実感する個所です。

   
 
闘神U・戦闘シーン

 戦闘シーンです。ごく普通のドラクエタイプです。しかし、魔法効果の演出などはパソゲーにしては、かなりがんばっていました。

闘神U・Hシーン

 で、Hシーンです。さすがに、絵は古いですが、作品のさまざまな個所に、盛り込まれていて、それなりに良い出来だったと思います。

 総合的評価。
 短調な部分がある、という事を差っぴいても、戦闘部の出来の良さと、Hのそこそこのボリュームの多さを押したい。
 とりあえず、未プレイの方には是非プレイしてもらいたい作品です。アリスソフトの力と、実力、そして作品に対する意気込みが感じられる作品ですから……。それに、安いですしね。定価で4800円ですから。まあ、通販などでないと、地方の方には手に入りませんけど。(←言ってる本人も地方の人間)
 あとは、やりこみ人にもプレイして欲しいですね。ラスボスを普通に倒せるレベルの2倍くらいに、レベルを上げないと倒せないキャラとかいるんで、是非やりこみ人にプレイしてもらいたいですな。というよりも、やりこみ人向けのゲームです。レベルを上げる目標を失う、という事がそう簡単にはありませんから……。さらに言うには、これほどやりこみ人に向いたゲームも、そうはないかと思います。他のゲームではレベルを上げても、倒すべき敵というのが見当たらないのかも知れませんが、このゲームでは、敵が見当たらなくなる、という事が、まずありえません(例外アリ)。そうとうレベルを上げないと×なので。
 ちと、話が逸れましたけど、そういったわけで、是非買っていただきたい作品であると思います。


平成11年1月22日 記
平成11年2月12日 画像追加




一つ前に戻る


トップページに戻る